TRUCK INFO

中古を利用すればトラクターを安くゲットできる

農業機具は新品が良いのか

購入の際の検討事項

トラクター

農業に携わる方や畑を管理している方にとってトラクターを新品にするのか中古にするのかは重要な問題です。新品にした場合、初期コストがかかりますが新規就農者が所持するのであれば経営体制交付金を受けることが出来ます。また現在出回っている新品のトラクターは壊れにくい為、長期間使用する事が前提なら新品の機械を購入した方が結果的にお得と言えるでしょう。もし仮に使用する頻度があまりない状態になってしまっても中古トラクターとして売買する事も出来ます。中古トラクターを購入する場合、新品を購入するよりかはコストを安く済ませる事が出来ます。長期間の利用は点検や修理が必要になってきますが、短期もしくは中期的な利用であれば全体を通して中古トラクターを利用する方が向いていると言えます。とはいえ長ければ二十年程と、耐用年数よりも長く使用出来る機械があるのも事実です。中古トラクターを購入するには、中古トラクター販売店やネットショップなどがあります。中古の購入を検討する際はトラクターの状態、機能、耐用年数、金額、販売金額以外にかかる手数料を考慮に入れて計算しましょう。また購入の目的や使用頻度を考慮に入れ、金額は無理のない料金であるようにします。中古を購入した時は使用方法についてメーカーに直接問い合わせして使い方を教えてもらいましょう。機械を安く済ませられれば別の所に投資できます。新品のトラクターを購入した方がいいのか、中古のトラクターを購入した方がいいのか考える際に参考にして下さい。

オークションでも購入可

作業員

トラクターは、農家において必須の機械です。小規模の兼業農家でも小型のトラクターを所有しています。もちろん、大規模経営においては、大型のトラクターを数台所有することは珍しくありません。トラクターを使うことで農作業は楽になり効率もアップするのですが、価格は決して安くはなく、農産物の消費や価格が低迷する中では、すべて新車で購入すると農業経営に大きな負担になります。そこで中古トラクターを上手に使うことが必要になり、中古車の流通量も増えてきました。中古トラクターの購入は、主に農機具メーカーで取り扱っていますが、最近はオークションなどを通じた取引も増えています。中古トラクターの購入は、不具合やトラブルの発生のリスクが付きまといます。選定をしっかり行うためには、基本的なチェック項目は必ず確認する必要があります。まず、乗用車の走行距離に該当するアワーメーターの確認です。アワーメーターは作業時間で、1,000時間がや10万kmに該当すると言われており、購入時の目安になっています。一番大切なのは、エンジンの状態です。可能であれば、必ずエンジンをかけて、エンジン音に不自然な動きが無いかじっくり確認しましょう。併せて、オイル漏れについても十分チェックします。オイル漏れは完全に修理することは難しいので、少しでも漏れを発見したら慎重に検討するべきです。オークションの場合は、写真による外観のみのチェックしかできません。おまけに、ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセルでの出品が多く高い買い物をするにおいて不安な点もあると思われがちですが、良い商品が多く価格も安いので、評価を確認して購入することでと良質な中古トラクターを手に入れることが可能となります。

売買のポイントとは

畑

農業を行う際には、農機具が必要不可欠です。特に農業用地がある程度以上の規模である場合には、耕起やその他の作業を行う場合にトラクターが必須となるでしょう。トラクターには馬力やサイズが異なる様々な機種があるのです。そのため、購入の際には畑や作物に合ったスペックを選ぶことが非常に重要となります。トラクターを購入する際にコストを重視するなら、中古という選択肢もあるでしょう。トラクターは使用目的上、一般的な乗用車に比べ非常に頑丈にできているため、中古でも十分に使用に耐えうるものが数多く存在するのです。中古を選ぶ場合には、展示品ならエンジンをかけてみるなどの確認をしてから購入する方法もあるでしょう。また、ネット上には詳細なスペックが掲載された中古農機具の専門サイトも存在するので、こうしたサイトのチェックも大切です。トラクターを入手した際には、後に中古として売却することを意識した使い方も大切です。アスファルトの上を走行しないように心がければ、タイヤの摩耗を防ぐことができるでしょう。そして、洗車などのメンテナンスをこまめに行い、屋根付きの倉庫に保管しておくと寿命も延びるため、中古としての価値も比較的高くなるでしょう。特に日本のメーカーのトラクターは信頼性が高く、国内だけでなく東南アジアなど海外でも非常に人気が高いのです。そのため海外輸出を取り扱う業者なら、かなり古い型式でも値段がつく可能性があるのです。買い替えなどで以前使っていたトラクターが倉庫に眠っているといった場合には、安易に廃車にせずに専門の業者に相談すべきでしょう。

良いものを安く入手

トラクター

トラクターは、農家には欠かせない存在になっています。農産物の消費や価格が低迷する中で、中古トラクターを効果的に使うことで所得確保が可能となりますが、中古トラクターは、価格だけでなく基本的なチェック項目をしっかり確認して選定しましょう。

この記事を読む

型落ちが人気の理由

作業員

トラクターの購入を検討されている場合、新車に限らず中古にも注目してみて下さい。中古と聞くと不安に感じる方も多いですが、トラクターは非常に丈夫で長持ちする車両なので、程度の良い型落ちを見つける事が出来ます。また、メンテナンスや扱いが簡単と言う魅力もあります。

この記事を読む

状態の良いものを選ぶため

トラクター

トラクターは高価なため、経営に大きな負担になっているので、中古のトラクターを購入する農家は少なくありません。使い方や使用時間が大きく違うので、使用年数だけでは良しあしを判断できません。エンジン音、オイル漏れアワーメーター等をしっかりチェックして良い中古トラクターを選びましょう。

この記事を読む